アジアン家具のよく使われる材料

アジアン家具のよく使われる材料

オリエンタルな雰囲気のあるアジアン家具は、落ち着いた大人のインテリアとして人気がありますね。

 

アジアン家具の特徴の一つに、材質が挙げられます。http://agung.jp/

 

主に亜熱帯地域で採れる材料で作られることで、アジアン家具が持つ独特の雰囲気が出ているのだと思います。

 

アジアン家具ならアグンが良いですよ!

 

アジアン家具の材料でよく使われるのは、チーク、ラバーウッドなどです。

 

特にチーク材は堅くて木目も均一なものが多く、家具の材料としてとても人気のある木材です。

 

木目を活かしたオイル塗装で仕上げられたチーク材のアジアン家具は、美しい光沢を放っています。

 

またバンブー材もアジアの広い地域で家具の材料として用いられています。

 

太いバンブーは割って並べて使われますが、中ぐらいの太さのものはそのまま家具の脚などに使われ、細いバンブーは編んだり組んだりして用いられます。

 

 

 

アジアン家具では編んで作られるものがたくさんありますよね。

 

椅子やテーブル、チェストなどは、手の込んだ編み細工のものが多くあります。

 

使われる材料はバンブー以外にはラタンが多いですね。

 

日本では籐編みと呼ばれるラタンですが、編み方によって自由自在にいろんな形に作れるため、非常に利用範囲が広いのが特徴です。

 

編み目模様が美しい上に通気性もよくて非常に軽く、しかも丈夫なのがラタン編みの家具の人気の要因だと思います。

アレンジしやすく癒し効果のあるアジアン家具

 

アジアン家具はチーク材やバンブーなどで作られたものが多く、そのため家にいながら自然の暖かさを感じることができます。

 

またシックなものも多く、高級感や落ち着いた雰囲気を出すことも可能ですし、若者向けのおしゃれな部屋のアクセントとして用いることもできます。

 

多くの家具はベトナム、インドネシア、タイなどの常夏の国から輸入されたものやそこで生産されているものを真似て日本で生産されたものです。

 

そのためほとんどのアジアン家具はとても涼しげな雰囲気をかもし出しており、暑い夏を過ごすのに最適です。

 

しかしこのような家具であっても、日本の寒い冬に十分にマッチします。

 

たとえばバンブーでできたチェアーはバンブー特有の隙間を活かし、夏をしのぎやすくする工夫がなされています。

 

このチェアーの背もたれにちょっとした布を掛けることで雰囲気がガラッと変わり、冬のおしゃれ家具として使用することができます。

 

またアジアン家具は日本の和室にもマッチするためにどんな家に住んでいようと比較的簡単にアレンジできるのも人気の理由の一つです。

 

比較的値段が安いにもかかわらず、部屋のインテリアとして程よいアクセントを与えてくれるアジアン家具は日本人にとって魅力的なアイテムであると言えるでしょう。

アジアン家具の魅力とは

 

アジアン家具とは、インドネシアやベトナムなど、アジアや中国、インド、タイなどの国で作られた家具の事です。

 

値段は比較的リーズナブルでなのに、高級感も兼ね備えている雰囲気があり、日本でも人気が出てきました。

 

それぞれの国の風土を盛り込んでいて、オリエンタルな雰囲気が感じられる家具と言えます。

 

気温が高い所で作られているので、涼しげなイメージのデザインが多く、リゾートを想像させてくれる家具が多いのです。

 

アジアンインテリアを置く事で、まるでリゾート地にいるような気分を味わう事が出来ます。

 

素材は、インドネシアのチーク材が人気が高く、どんな部屋にも合わせやすく外れがないと言われています。

 

バンブーも人気が高く、さらっとした滑らかな素材ですが、年と共に艶が失われるので、乾いた布で拭くといった手入れが必要です。

 

アジアンテイストの家具は、日本の古い家具にも似ていて、融合させても違和感なく部屋にマッチします。

 

人の温かみを感じる優雅でリラックス出来る空間を、作り出す事が出来るでしょう。

 

自然の素材を使っているアジアン家具だからこそ、心地よさを感じる事が出来ます。

 

アジアン家具を揃えて、リゾート気分を味わえる部屋に変えてみたはどうでしょうか。